合宿免許のおかげで大型二種が簡単に取れました。

私は、大型二種の免許を合宿免許で取りました。
教習所の2階が宿泊施設になっていたのです。
なぜ、合宿免許で取ったかと言うと、失業していたので、短い期間で取らないと失業が長引くと思ったからです。
速く免許を取って、それを使って、就職がしたかったわけです。
これがどのようなものなのかまったくわからず、申し込みをして、授業を受ける段階になりました。
朝から晩まで、授業があります。
私の場合は、学科と実地でした。
最初の一日は、まるで高校生に戻ったような気分になりました。
しかし、授業が終わると、一緒に入った人たちと一緒にテレビを見たりして楽しく過ごしました。
2日目から、どのようなことをするのかわかっていたので、楽しく授業を受けることが出来ました。
二種免許の場合、筆記試験が難しいらしく、教習所内で、模擬試験が頻繁にありました。
その為、2日目の夜からは、一緒に入学した者と夜勉強をするようになりました。
教えあいながら勉強をするのです。
1人ならしんどいと感じるのでしょうが、仲間がたくさんいたので、ワイワイいいながら勉強をしました。
そしたら、夜の勉強が苦しくないのです。
逆に楽しかったです。
二種免許の場合、実地試験は、教習所内で行われます。
これは簡単でした。
いつも教えてもらっている教官が判定をするのです。
教官の癖がわかっているので、比較的気楽な気持ちで試験を受けることが出来たので、簡単に通ることが出来ました。
ところが筆記試験は、警察の試験場で受けないといけないのです。
教習所内では筆記試験は受けられません。
しかし、教習所内で、何度も模擬試験をやり合格できるレベルまで勉強させられるので、これも一発で合格しました。
二種免許の場合、この筆記試験が、中々通らないそうです。
しかし、私は、合宿免許で、かなり詰め込み式の勉強をしていましたから、簡単に通ることが出来たのです。
後になって思うことは、合宿免許にしてよかったと言うことです。
これをやったから、筆記試験も簡単に通ることが出来たのだと思います。

参考ホームページ
サイトマップ