運転免許取得するには

どこかに移動する際に、車での移動はとても楽ちんです。
自分の好きなところまで、好きな時間に移動することができますからね。
しかし、車の運転というのは、だれでも自由にできるものではありません。
当たり前のことですが、「運転免許証」を持っている必要があります。

運転免許証は非常にポピュラーな資格です。
誰でも、その存在は知っているのではないでしょうか。
ここでは、まずそんな「運転免許」の取得の仕方について、あらためてまとめていきます。

まず、運転免許を取得するには2通りの方法があることをご存知でしょうか。

ひとつめは、公安委員会で指定されている「自動車教習所」を卒業し、卒業検定に合格する方法です。
現在、運転免許を取ろうと思った時に、多くの方がイメージする、一般的な方法となります。
教習所に入り、学科や技能の授業を決められた時間受け、卒業検定に臨みます。
はれて合格したあとは、運転免許試験場へと赴いて、適性試験と学科試験を受験することになります。
この方法を選んだ場合には、試験場での技能試験を受ける必要はありません。

もうひとつは運転免許センターにて、直接試験を受けるという方法になります。
教習所に入らなくても、運転免許センターで課せられる試験にきちんと合格することができれば、免許証はもらえるのです。
課せられる試験は適性試験と学科試験、そして技能試験となります。
技能試験で使われるコースは、多くの方にとって、「初めて運転する道」となります。
また試験であり、隣には現職の警察官が同乗していて、自分の運転を細かくチェックしている・・という状況は、
緊張しないほうが無理!と思う方も多いのではないでしょうか。

直接試験を受ける方法は、教習所に通う時間もコストも省くことができます。
が、その一方で、ものすごいプレッシャーの中で、技能試験にパスしなくてはいけない、ということになります。

どちらの方法が自分に合っているのか、ぜひ検討してみてください。


参考ホームページ
サイトマップ